MyPage

Search

私の好きと出会う場所

Menu
Close

OZmall Menu

オズモール特集

朝晩ヨーグルト習慣

ヨーグルトって朝食べるイメージを持つ人も多いけど、実は夜に食べてもいいのだとか。豊富な乳酸菌を1日何回かに分けて摂ることが、女子の美容と健康にどう役立つのか・・・気になるところをレポート!

ヨーグルトの効果を、よりアップする組み合わせ

基本のヨーグルト
ドライフルーツ
水溶性食物繊維が豊富。鉄分など女子に欠乏しがちなミネラルも多い
フルーツ
キウイ、リンゴ、オレンジなどは水溶性食物繊維、ペクチンの宝庫。善玉菌の働きを活発にする
メープル&アガぺシロップ
精製した砂糖よりも、血糖値が上がりにくい自然派の甘味料を選ぼう
ジャム
フルーツはジャムにすることで善玉菌の働きを活発にするペクチンの量が増加
キノコ
水溶性と不溶性両方の食物繊維が豊富で低カロリー。むくみ防止にも
ニンジン
ビタミンA豊富な緑黄色野菜と共に食べて、アンチエイジング効果も

グッドボディレポーターの わたしたち、こんな風に朝晩ヨーグルト週刊を始めています!

レベル1混ぜるだけ、かけるだけ。手軽においしく

斉藤えりさん(30歳)
おやつには、バナナ入りやメープルシロップがけをチョイスしています
小腹がすいたときの
主役はヨーグルト!
市販のフルーツグラノーラにヨーグルトをかけて、最後に豆乳を入れます。朝からサラリと食べやすく、お腹もいっぱいに

レベル2味のアクセントに◎。
いつもの食事にちょっとプラス

草野樹理さん(34歳)
スポーツで汗をかいた後は、ヨーグルト飲料を必ず飲みます
ヨーグルトを加えれば
カロリーオフの食事に!
マヨネーズと柚子こしょうを同量で合わせたドレッシングは、カロリー控えめ。さっぱりとした味が、お気に入りのポイント

レベル3低カロリーなうえ、おいしさ食感までアップ!

谷口希和さん(34歳)
そのまま食べたり、ジュースにしたり、料理の調味料に使ったりと、さまざまな食のシーンでヨーグルトを活用
意外な食べ合わせで
体の内側からケア
魚をヨーグルトと味噌に漬け込んでから焼くレシピは、母直伝。魚がしっとりしてうまみも増し、健康的に食べられます

close up!

”

朝晩ヨーグルト習慣
美肌力をアップする方法とは?

Present

ケロッグ「オールブランハニークランチ」を5名様
テラフェルティル「パワーミックス」を10名様に

「グッドボディプロジェクト」
オズプラスでも好評発売中!

OZplus 心地いい、気持ちいいココロとカラダ 発売:2015年3月28日(土)定価:546円+税

OZplus

毎日の生活習慣や仕事、人間関係、季節、年齢・・・。20代、30代の働く女性の健康を左右するさまざまなことを、軽やかに乗り越えたら素敵な未来も見えてくる。心地いいココロとカラダをつくるために今できることを始めよう。

撮影/米山典子 取材・文/六識(高橋瑞穂)