公演TOP 『新春浅草歌舞伎』2部

ステージ・歌舞伎

『新春浅草歌舞伎』2部

今をときめく若手花形が揃い踏み!『新春浅草歌舞伎』で熱気あふれる舞台を鑑賞

若手歌舞伎俳優がズラリ顔を揃える『新春浅草歌舞伎』。この公演は、若手の登竜門として人気がある浅草の初芝居で、お正月の風物詩としても親しまれている。2017年は中村錦之助を迎え、尾上松也、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人などの若手俳優が集結。第2部は、出演者による年始のご挨拶から始まり、「双蝶々曲輪日記」より「角力場」、「御存鈴ヶ森」、「棒しばり」を上演する。江戸の香りが残る浅草で、華やかな雰囲気とともに若手花形役者の晴れの舞台を堪能して。

東京体験1dayプランの予約はこちら

編集部の見どころポイント

  1. 松也、巳之助、壱太郎、隼人!今後の歌舞伎界を背負って立つ人気花形役者たちが共演!

    3年連続での出演となる尾上松也を筆頭に、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人など平成生まれの若手人気役者が勢揃い。次世代の歌舞伎界を担う顔ぶれが登場する貴重な舞台は、歌舞伎ファンのみならず歌舞伎初心者でも楽しめるはず。フレッシュな面々のエネルギッシュな演技をたっぷり味わって。
  2. 『新春浅草歌舞伎』ならではの人気イベント、出演者による「お年玉 年始ご挨拶」

    第1部・第2部ともに開幕に先立ち、出演俳優がお客様に向けて年始の挨拶をする「お年玉 年始ご挨拶」は、浅草歌舞伎恒例の大人気企画。部替わりで役者たちが登場し、普段舞台では見ることのできない素顔を覗かせてくれる。お年玉の内容は、当日までお楽しみに!

Story

「双蝶々曲輪日記」より「角力場」
関取の濡髪長五郎と、素人角力出身の放駒長吉の大一番で盛り上がる角力小屋前。結局勝負は濡髪に土がつく。濡髪を贔屓する山崎屋与五郎は、勝負の結果に納得がいかない。当の濡髪は茶亭の金平に頼んで放駒をその場へ呼び戻すと、意外な言葉を打ち明けていき・・・。

「御存鈴ヶ森」
夜は盗賊と化した雲助(強盗団)が多数出没する鈴ヶ森。ここへ美少年白井権八が通りかかった。暗闇から大勢の雲助が現れ襲いかかるが、権八は見事な刀さばきで次々と斬り倒していく。その様子を窺っていた花川戸の侠客幡随院長兵衛は、その腕に惚れ込んで権八を匿うことを申し出る。二人は江戸での再会を約束して別れるのだった。

「棒しばり」
酒好きな太郎冠者・次郎冠者、二人の召使いは主人が留守になるたびに酒蔵へ忍び込んでは盗み酒をする始末。このことを知りつつ今日も外出する予定の主人は、一計を案じてまず次郎冠者を呼び出し、最近棒の手(=護身術)の稽古をしている太郎冠者にその型をさせ、隙を見て縄で括りつけようと提案する。

公演データ

会場・日程 浅草公会堂(東京都/浅草)
2017/1/2(月・祝) ~ 2017/1/26(木)
[1部]11:00~[2部]15:00~
チケット
通常価格
1等席9000円
キャスト 尾上松也、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人、中村梅丸
中村錦之助、大谷桂三、中村歌女之丞
公式サイト http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/506
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら