公演TOP 『死刑執行中脱獄進行中』

ステージ・演劇

『死刑執行中脱獄進行中』

森山未來が主演!「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家・荒木飛呂彦原作のドキドキ密室劇

  • ドキドキの舞台「死刑執行中脱獄進行中」メイン画像
  • 荒木飛呂彦が描いた原作が舞台に。舞台「死刑執行中脱獄進行中」

    ©原作:「死刑執行中脱獄進行中」荒木飛呂彦(集英社文庫<コミック版>刊)(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS

  • ミステリアスなヒロインにはハリウッドデビューを果たした初音映莉子
漫画家・荒木飛呂彦原作の『死刑執行中脱獄進行中』が、森山未來の主演ではじめての舞台化。死刑宣告を受けた男は、監獄から脱獄できるのか!? スリリングな物語の展開と見たことのない演出に、最後までドキドキが止まらない。

東京体験1dayプランの予約はこちら

公演チケットとレストランがセットでお得に

通常8800円のS席チケット+レストラン

合計1名様9500円(税・サ込) SOLD OUT

編集部の見どころポイント

  1. 荒木飛呂彦が描いた原作が舞台に。舞台「死刑執行中脱獄進行中」

    森山未來×荒木飛呂彦による、今までに見たことのない舞台

    身体能力・表現ともに抜きに出た才能を持つ俳優の1人、森山未來。「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで知られ、芸術的な描写で多くのファンを持つ漫画家・荒木飛呂彦氏。強烈な世界観を持つ荒木作品に、森山未来が初挑戦する。この舞台で一体なにが起こるのか、観客はなにを目撃するのか。言葉とカラダと音楽が入り混じる、マジカルな舞台に出会えるはず。
  2. ミステリアスなヒロインにはハリウッドデビューを果たした初音映莉子

    ミステリアスなヒロインにはハリウッドデビューを果たしたあの女優が

    ミステリアスな存在感を持つ女性役には、2012年にハリウッド映画『終戦のエンペラー』のヒロイン役に抜擢され高い評価を得た初音映莉子が。構成、演出、振付を担当する長谷川寧氏は、「荒木作品に登場する女性は凛とした仕草と謎めく部分が必要だ」と彼女をキャスティングしたのだそう。

Story

死刑宣告を受けた男が入った監獄。そこは監獄と呼ぶにはあまりにも豪華な設備だった。行き届いた調度品は、まるで高級住宅のよう。だが、男がそこで生活を始めた途端、その施設のすべてが男を処刑しようとうごめき出す。そこは監獄か、処刑室か。男はそこからの脱出を試みる・・・。

「作品が舞台化されるのは初めてなので、予測できない期待感と楽しみがあります」(荒木飛呂彦)

「荒木飛呂彦さんの持つ唯一無二の様式美を、身体、テキスト、音楽、照明、映像、衣装など、現代の舞台芸術が持ち得るかぎりの要素を総動員して、演出家、ダンサーをはじめとする素敵なクリエイター達と有機的に具現化していくつもりです。この舞台が演劇なのか、ダンスパフォーマンスなのか、ジャンルレスなインスタレーションなのか。それは観劇後のあなたの選択にお委ねします」(森山未來) 

公演データ

会場・日程 天王洲 銀河劇場(東京都/天王洲アイル)
2015/11/20(金) ~ 2015/11/29(日)
11/20(金)19:30
11/21(土)13:00、17:30
11/22(日)13:00、17:30
11/23(祝・月)15:00
11/24(火)休演
11/25(水)15:00、19:30
11/26(木)15:00、19:30
11/27(金)19:30
11/28(土)13:00、17:30
11/29(日)13:00
チケット
通常価格
S席 8800円/A席 5000円
キャスト 森山未來、初音映莉子、いいむろなおき、江戸川萬時、大宮大奨、笹本龍史、宮河愛一郎、森川弘和
上演時間 1時間30分(予定)
原作 荒木飛呂彦/短編集「死刑執行中脱獄進行中」(集英社)
スタッフ 構成・演出・振付/長谷川寧(冨士山アネット)
共同振付/森山未來
音楽監督/蔡 忠浩(bonobos)
衣裳/山本亜須香(FUGAHUM)
美術/杉山 至
照明/奥田賢太(colore)
音響/天野高志
演出助手/河内 崇、矢本翼子
公式サイト http://ssds-st.com/

あなたにおすすめの公演

この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら