公演TOP スペイン国立バレエ団2015 日本公演

ステージ・バレエ

スペイン国立バレエ団2015 日本公演

世界最高峰の実力と人気を誇るフラメンコ・バレエ、待望の来日!

  • 情熱的に踊るフラメンコスタイルのバレエ
  • 芸術監督となった若き鬼才、アントニオ・ナハーロ
スペイン最高峰として世界を魅了するダンスカンパニー「スペイン国立バレエ団」。手を打ち足を力強く踏みならして情熱的に踊るフラメンコスタイルの舞台は、1987年の初来日以来、多くのファンを魅了している。

東京体験1dayプランの予約はこちら

公演チケットとレストランがセットでお得に

通常12600円のS席チケット+ディナー

合計1名様14800円(税・サ込) SOLD OUT

編集部の見どころポイント

  1. ダンサーの華やかで美しいコスチュームも見どころ

    色彩が豊かなコスチューム!

    鮮やかな裾さばきで華やかに舞台を彩る、ダンサーたちの美しいコスチュームは必見。
  2. 芸術監督となった若き鬼才、アントニオ・ナハーロ

    芸術監督・アントニオ・ナハーロ

    スペイン国立バレエ団でのダンサー経験を経て、芸術監督となった若き鬼才、アントニオ・ナハーロが創る情熱的で官能的な舞台。

Story

1978年、スペイン文化省により創設。初代芸術監督にはアントニオ・ガデスが就任、その後アイーダ・ゴメスやホセ・アントニオなどが歴任し、2011年4月からは1975年生まれのアントニオ・ナハーロが率いている。これまでに世界の名高い劇場で数々の傑作を上演、世界中の観客から愛され数々の賞を受賞。2002年スペインのヘレス・デ・ラ・フロンテーラのフラメンコ・フェスティバルでは、アントニオ・ガデスの振付作品が批評家賞と大衆賞を同時に受賞している。今回の公演では、リズミカルで感受性に満ちた音楽とダイナミックで生き生きとした振り付けのスペイン舞踊「アレント」と、若いアルティスタたちの個性で振り付けるフラメンコ・バレエ「サグアン」、ともに日本初披露のプログラムを鑑賞できる。 

公演データ

会場・日程 東京文化会館(東京都/上野)
2015/10/31(土) ~ 2015/11/3(火・祝)
プログラムA
2015/10/31(土)13:00、17:30
2015/11/1(日)13:00                    
2015/11/3(祝・火)13:00                    
Bunkamuraオーチャードホール(東京都/渋谷)
2015/11/20(金) ~ 2015/11/22(日)
プログラムB
2015/11/20(金)19:00                     
2015/11/21(土)13:00、17:30
2015/11/22(日)13:00                   
チケット
通常価格
S席12600円/A席10500円/B席8500円/C席6500円/D席4500円
グループ スペイン国立バレエ団
上映時間 2時間15分(予定)

あなたにおすすめの公演

この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら