MyPage

私の好きと出会う場所

Menu

オズモール特集

カメラと一緒に“見つける”ひとり旅 vol.1 アートな瀬戸内

日常を抜け出して、いつもと違うなにかを見つけたい。そんなとき、私はひとり旅がしたくなる。 そうだ、大好きな海に囲まれたアートな島へ行こう。自分のペースで、見たいものを好きなだけ見る。 かわいいカメラと一緒なら、思いがけないなにかがきっと見つけられるはず

アートな瀬戸内 タイムスケジュール

1日目
羽田空港から飛行機で約75分。高松空港へ
高松空港からリムジンバスで約45分。高松港へ
高松港から高速艇で35分。小豆島(土庄港)へ
「カフェ忠左衛門」でランチ
「小豆島オリーブ園」を散策
道の駅「小豆島オリーブ公園」を散策
「中山千枚田」(棚田)を見学
「エンジェルロード」の夕日を鑑賞
ホテルで夕食、宿泊
2日目
ホテルで朝食後、チェックアウト
土庄港から高速艇で約35分。高松港へ
高松港からフェリーで約20分。女木島へ
女木港周辺のアートを鑑賞
「鬼ヶ島大洞窟」を探索
女木港からフェリーで約20分。男木島へ
男木港周辺でランチタイム
アートを鑑賞しながら男木島を散策
男木港からフェリーで約40分。高松港へ
「北浜alley」でお土産探し&おやつタイム
高松港からリムジンバスで約45分。高松空港へ
高松空港から飛行機で約80分。羽田空港へ

今回の旅で訪れたのはココ

  • 小豆島
  • 小豆島
    瀬戸内海に浮かぶオリーブの産地特産品のオリーブや醤油をはじめ、アートや美しい自然など見どころたっぷり。映画『二十四の瞳』の舞台でも有名。
  • アクセス/高松港からフェリーで約60分。高速艇で約30分
  • 男木島
  • 男木島
    迷路のような路地にアートが点在島の暮らしに触れながら、瀬戸内国際芸術祭に出展されたアート作品が楽しめる。島のあちこちには猫たちの姿も。
  • アクセス/高松港よりフェリーで約40分
  • 女木島
  • 女木島
    別名・鬼ヶ島とも呼ばれる潮風の島桃太郎が鬼退治に来た「鬼ヶ島」という伝説が残る島。強風から民家を守る石垣「オオテ」が独特の風景をつくる。
  • アクセス/高松港よりフェリーで約20分
  • カフェ忠左衛門
  • カフェ忠左衛門
    オリーブ畑にある居心地いいカフェ新鮮なオリーブオイルと旬の食材を使った料理は絶品。テラスからは広大なオリーブ畑と瀬戸内海の絶景が望める。
  • TEL.0879-75-0282 香川県小豆郡小豆島町池田2267-5(井上誠耕園内) 営業時間/平日10:00~17:00、土・日・祝~18:00、無休(12~2月は火休) アクセス/土庄港より車で約20分
  • 小豆島オリーブ園
  • 小豆島オリーブ園
    原木のあるオリーブ発祥の地約2000本ものオリーブの木をはじめ、季節ごとの植物がお出迎え。海を一望する丘にはイサム・ノグチ作の遊具も。
  • TEL.0120-410-287(8:30~17:00) 香川県小豆郡小豆島町西村甲2171 営業時間/8:30~17:00、無休、入園無料 アクセス/土庄港より車で約20分
  • 道の駅 小豆島オリーブ公園
  • 道の駅 小豆島オリーブ公園
    オリーブとハーブに癒されるオリーブ畑はもちろん風車や宿泊施設もあり。ハーブの香りに包まれた天然温泉やハーブクラフト体験も楽しめる。
  • TEL.0879-82-2200 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1 営業時間/園内の各施設により異なる アクセス/土庄港より車で約25分
  • 北浜alley
  • 北浜alley
    異国情緒ある港町の路地裏歴史ある倉庫街を再生した一画。個性あふれるショップが立ち並び、どこかノスタルジックなムードが漂う。
  • アクセス/JR高松駅、高松港フェリー乗り場より徒歩7分
  • 瀬戸内国際芸術祭
  • 瀬戸内国際芸術祭
    3年に一度のアートの祭典瀬戸内の島々を舞台にした芸術祭で次回の開催は2016年春。開催年以外も各島で既存のアート作品を鑑賞できる。
  • ※島により作品の内容、休館日が異なるので問い合わせを。

問い合わせ・提供/株式会社ニコンイメージングジャパン
撮影/瀬尾直道 文/石井昌子
※商品や店内の写真は、すべて許可を取って撮影しています。