MyPage

私の好きと出会う場所

Menu

結婚式のおよばれマナー

イマドキおよばれマナー vol.3 ~ファッション編~

“花嫁の顔をつぶさない”が大前提!
スマートな大人の女性のおよばれ術って!?

“花嫁の顔をつぶさない”が大前提!スマートな大人の女性のおよばれ術って!?
新たな人生をスタートさせる2人にとって特別な1日となる結婚式。そんな晴れの舞台に招かれたなら、どんな振る舞いをするのが大人の女性として正解? いちばん大切なのは、「主役の顔をつぶさない」ってこと! だからといって、昔ながらのマナーに縛られすぎるのも、粋じゃない。そこで、現役のウェディングプランナーとして数多くの結婚式をサポートしてきた岡村奈奈さんが、これだけは押さえておきたい&一歩先行く“イマドキのおよばれマナー”をレクチャー。第3回目は、およばれするたびに悩んでしまうファッションマナーを紹介!

Kontore Column

大人の花嫁であれば、“黒”は避けたい!
最近はエスニック調やパンツスタイルもOK

大人の花嫁であれば、“黒”は避けたい!最近はエスニック調やパンツスタイルもOK
主役の顔をつぶさないためにも「自分はハレの日のシーンを作る人である」ということを自覚しましょう。自分が目立つことは二の次。大事なのは、新郎新婦との関係や、招待された季節・時間帯、そして会場の雰囲気などTPOに合った正しいドレスコードを理解すること。そのうえで、自分なりのオシャレを楽しめるのが上級者です。まず、絶対に避けなければいけないのは、花嫁の色である「白」。できれば、「黒」も避けたほうがいいでしょう。特に30代以上の花嫁であれば、むしろ色のあるドレスを着るのがマナー。パステル系の明るいドレスを着るなど、“場を作る一員”として華やかなファッションを心がけましょう。「花嫁のお色直しのドレスと色がかぶるのが怖い」ということであれば、花嫁本人にリサーチするのが◎。花嫁にとってもありがたい話なので、遠慮せずに相談しましょう。また、これは着る人のキャラクターにもよりますが、最近ではパンツスタイルやエスニック調のフォーマルファッションを上手に着こなしているゲストも増えてきました。「靴とバッグさえしっかりしていれば、服装はある程度、遊んでもOK」が、イマドキルールです。

14時、15時スタートの結婚式の服装は?
「1.5次会」におよばれしたときの服装は?

14時、15時スタートの結婚式の服装は?「1.5次会」におよばれしたときの服装は?
ドレスコードは、基本的に男性には決まりがありますが、女性の場合、「昼はこのドレス、夜はこのドレス」といった明確なルールはありません。ですが、肌の露出は時間帯によって変えなければなりません。昼の結婚式であれば、「袖あり」でできるだけ露出を抑えた装い、夜のパーティでは「袖なし・ロング丈」のドレスが正式なスタイルです。悩ましいのは、14時、15時スタートの場合。このとき基準になるのは、挙式があるかどうか。挙式があれば昼の服装、披露宴だけの参加であれば夜の服装でOK。ボレロなどで露出の具合を調整してもいいでしょう。 また最近は、「1.5次会」と言われるパーティも増えていますが、このときの服装も披露宴と同じ考え方で大丈夫。逆に、二次会気分で行くとパーティの雰囲気を台なしにしてしまうことも。「1.5次会=二次会ではない」という新郎新婦の意図を汲み取ってあげたいものです。ファッション選びで気をつけたいのは、立食か着席か。立食であれば、立ちっぱなしでも疲れない靴や、料理を取るときにじゃまにならないチェーン付きのバッグなど、小物を工夫するようにしましょう。

和装にするなら、20代であれば振袖を
迷ったらレンタルするのも一案

和装にするなら、20代であれば振袖を迷ったらレンタルするのも一案
未婚女性の第一礼装(最上級に格が高い装い)が、振袖です。一部には「振袖を着てきた友人が何人いるか=花嫁の人望」という考え方もあるほど。これはちょっと古くさくて一般的な考え方ではないですが、たしかに振袖はとっても華麗ですし、わざわざ着てきてくれたという印象を与えるので、花嫁も喜んでくれます。ですので、20代の未婚女性であれば、振袖を着ていくのがオススメ。逆に30代以上になると、振袖を着ることに抵抗感がありますよね。とはいえ、訪問着や付け下げでは格が下がってしまいますので、普段から着慣れていない人であれば、洋装のほうが無難かもしれません。どうしても和装にしたいなら、訪問着がベスト。忘れてはならないのは、このように和装にも格があるということ。たとえば、「おばあちゃんの家で見つけて、柄が華やかだから」と、よくわからずに着ていくのは危険。であれば、レンタルにしてお店の人に相談するほうがいいでしょう。最近では、披露宴では着物、二次会ではドレスと雰囲気を変えるゲストもけっこういらっしゃいますよ。

Advisor

ウエディングプランナー 岡村奈奈(おかむらなな)

ウエディングプランナー 岡村奈奈(おかむらなな)
音大卒業後、結婚式場・ウェディングプロデュース会社・レストラン専属を経て2005年にフリーのウェディングプランナーに転向。ウェディングプロデュースのほかにも専門学校講師、メディア出演、ブライダルイベントの企画・演出など多岐に渡って活躍している。また、月2回程度「ウェディング無料相談会」も実施。
詳しくはHP

取材・文/六識(ヨダヒロコ)

BackNumber