MyPage

私の好きと出会う場所

Menu

結婚式のおよばれマナー

イマドキおよばれマナー vol.5 ~ヘアメイク編~

“花嫁の顔をつぶさない”が大前提!
スマートな大人の女性のおよばれ術って!?

“花嫁の顔をつぶさない”が大前提!スマートな大人の女性のおよばれ術って!?
新たな人生をスタートさせる2人にとって特別な1日となる結婚式。そんな晴れの舞台に招かれたなら、どんな振る舞いをするのが大人の女性として正解? いちばん大切なのは、「主役の顔をつぶさない」ってこと! だからといって、昔ながらのマナーに縛られすぎるのも、粋じゃない。そこで、現役のウエディングプランナーとして数多くの結婚式をサポートしてきた岡村奈奈さんが、これだけは押さえておきたい&一歩先行く“イマドキのおよばれマナー”をレクチャー。第5回目は、普段よりもちょっぴり気合いを入れたいヘアメイクやアクセサリーについて紹介!

Kontore Column

「披露宴=食事の場」を念頭に
“清潔感”のあるヘアスタイルを

「披露宴=食事の場」を念頭に<br>“清潔感”のあるヘアスタイルを
およばれヘアでもっとも大切なのは、清潔感。基本的に、披露宴は“食事をする場”ですので、食事にさしつかえる髪型は避けましょう。たとえば、下ろしっぱなしのロングヘアをジャマそうにして食べたり、ニュアンスヘアで何度も髪に手を持っていったりするのは、見ていて気持ちのいいものではありません。それさえ気を付ければ、アップスタイルにしてもダウンスタイルにしてもOKです。もっともフォーマルな髪型は、夜会巻きのように毛先が出ていないスタイル。ショートヘアなら、タイトにまとめるとフォーマルな印象に。イメージとしては、ニュースキャスターの髪型ですね。一方で、毛先を散らしたスタイルや、ダウンスタイルはカジュアルな雰囲気になります。また、和装やジャケットを着ている場合は襟足がスッキリしているほうが清潔感があるのでアップに、背中が開いているような夜用のワンピースであればダウンスタイルでエレガントに、など服装とのバランスを考えてセットしましょう。ですので、美容院でオーダーする場合は、衣装を着ていく(または、写真を持っていく)ことをオススメします。そのうえで、「アップにするのかしないのか」、「前髪は上げるのか流したいのか」、「(2次会もあるので)夜まで崩れないようにしたいのか」など、ある程度は自分でイメージしてから行くようにしましょう。

“すっぴん”はマナー違反
メイクやネイルでオシャレを楽しんで

“すっぴん”はマナー違反 メイクやネイルでオシャレを楽しんで
メイクに関しては、あまり難しく考える必要はありません。何色を使ってはダメ、といった決まりもありませんので、ヘア同様、服装に応じたメイクを自分らしく楽しんでください。ただし、“すっぴん”は新郎新婦に対して失礼になりますので、普段はノーメイク派だとしても、結婚式には必ずメイクをしていくようにしましょう。また、当日のマナーとして、会場でフルメイクをするのはやめてほしいですね。トイレで慌ててお化粧をしている人がいますが、誰が見ているかわかりませんし、到着するまでに身だしなみを整えておくのは、大人の女性として最低限の礼儀だと思います。ネイルも、基本的にNGはありません。イマドキの結婚式では、ネイルをキレイにしてくる方も非常に多いですし、「今日のために、わざわざサロンで準備してきてくれた」ということが、花嫁も嬉しいようですよ。
最近は、肩やデコルテなど露出している肌にラメをのせている人がいますが、昼のパーティはそもそも露出を控えた服装が基本ですので、露出することが前提のラメは好ましくありません。夜は、若かったり、夏場であったり、といった条件付きであれば、アリです。

アクセはパール系orダイヤ系がベター
現代ルールでは“ファー”もOK!?

アクセはパール系orダイヤ系がベター 現代ルールでは“ファー”もOK!?
第3回目でもお伝えしたように、女性の場合、服装に明確なルールはありません。ですので、アクセサリーについても同様に、「昼だからこれでないとダメ」といった決まりはありません。ただし、正式なドレスコードは、「昼はパール系」「夜はダイヤ系」ですので、イブニングドレスなど露出の高い服装にパールのアクセサリーを着けるのはおかしいですし、かっちりとしたスーツスタイルにダイヤのアクセサリーは合いません。ファッションとのトータルバランスを考えて選ぶようにしましょう。パール系は、一連のネックレスは弔事のイメージが強いので、二連を選んだり、コサージュなどでアレンジしたりするのがオススメです。また、ダイヤ系はキラキラしたデザインが◎。このとき、ダイヤは本物でなくてもいいので、華やかにドレスアップを。一方、ターコイズなど色味の強いアクセサリーや透明感のないものは、カジュアルに見えるので要注意です。ファーは本来タブーですが、現代ルールでは、フォーマル用として売っているフェイクファーやポイント使いならOKです。ただし、本来はNGであることを知ったうえで、新郎新婦との関係性などを加味して、真冬の寒い時期に限定するなど、自分なりに判断してくださいね。

Advisor

ウエディングプランナー 岡村奈奈(おかむらなな)

ウエディングプランナー 岡村奈奈(おかむらなな)
音大卒業後、結婚式場・ウェディングプロデュース会社・レストラン専属を経て2005年にフリーのウェディングプランナーに転向。ウェディングプロデュースのほかにも専門学校講師、メディア出演、ブライダルイベントの企画・演出など多岐に渡って活躍している。また、月2回程度「ウェディング無料相談会」も実施。
詳しくはHP

Premium Plan

メイク付きほか3800円~!およばれヘアアレンジプラン

およばれヘアアレンジプラン
結婚式のおよばれには、普段はできない華やかなアレンジで行きたいもの。OZならプロによるアレンジが、お得な3800円~。フルアップからダウンまで、雰囲気に合わせた好みのアレンジをオーダー可能♪ さらに、目もとの印象が変わるメイク付きプランも。周りが思わず振り向く、特別感たっぷりのパーティスタイルに変身して!
>> 詳しくみる

取材・文/六識(ヨダヒロコ)

BackNumber