公演TOP 宝塚歌劇宙組公演『王妃の館 -Chateau de la Reine-』『VIVA! FESTA!』(東京宝塚劇場)

ステージ・演劇

宝塚歌劇宙組公演『王妃の館 -Chateau de la Reine-』『VIVA! FESTA!』(東京宝塚劇場)

予約困難な「宙組」の東京公演をOZがリザーブ!ミュージカルとレビューの2本立て

浅田次郎のベストセラー小説がタカラヅカに! 「王妃の館」は、ルイ14世が残したパリの高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」を舞台に、人生の崖っぷちに佇む男女など訳アリ人物たちが、騒動を巻き起こしつつ、大切な何かを見つけていくコメディミュージカル。笑って、見惚れて、観劇後は温かな感動に包まれる。そして、華やかでエネルギッシュな宙組ならではのレビュー(ショー)も圧巻。タカラヅカ名物「羽根を背負って大階段」を含め、キラキラと輝く非日常世界を堪能して。

東京体験1dayプランの予約はこちら

編集部の見どころポイント

  1. OZが特別リザーブ!東京宝塚劇場×トップスターが退団する公演のプラチナチケット

    東京宝塚劇場と言えば、初日にチケットが完売することも多い、ファンの間でも有名な激戦区。しかも、この公演で、宙組娘役トップスター実咲凜音さんの退団が決まっており、朝夏まなと×実咲凜音のトップコンビが観られる最後の公演とあって、予約困難度はさらにアップ。まさしくプラチナチケットと呼ぶにふさわしい貴重なチケットを、OZが確保!
  2. 演技も歌もバツグンのトップコンビ!貴公子のような朝夏まなと×レディな実咲凜音

    タカラヅカを観劇するうえでポイントとなるのがトップスターの存在。男役トップの朝夏まなとさんは、身長172cm、甘いマスク、爽やかなオーラを放ち、しなやかなダンスと演技が魅力。娘役の実咲凜音さんは、可憐で歌唱力&演技力ともに群を抜く。「王妃の館」では息の合ったかけ合いで笑いを誘うシーンも。お楽しみに!
  3. 映画化もされエンタメ性の高いミュージカル×タカラヅカらしいショーの嬉しい2本立て

    ミュージカル&ショーというタカラヅカの魅力を存分に楽しめる2本立て公演なのも大きなポイント! しかもミュージカルは、2015年には水谷豊主演で映画化もされた親しみやすい作品。祭り(FESTA)をテーマにしたショーでは、リオのカーニバルやスペインの牛追い祭り、YOSAKOIソーラン節も盛り込まれ、楽しく華やか。初心者でも虜になるはず。

Story

ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Chateau de la Reine-』
パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は一見客の宿泊を許さぬ高級ホテルだが、実は深刻な経営難に陥っていた。そこに目をつけた弱小旅行会社女社長の桜川玲子(実咲凜音)はホテルと悪企みし、高額の“光ツアー”、格安の“影ツアー”それぞれの客に、同じ客室を時間割ステイさせるという奇策に打ってでる。しかし集まったのは風変わりな人気作家・北白川右京(朝夏まなと)ら、一筋縄ではいかないクセ者ばかり。かつての城主、ルイ王の物語がひも解かれる中、さまざまな騒動がくり広げられる。

スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』
リオのカーニバル、中欧・北欧に伝わるヴァルプルギスの夜、スペインの牛追い祭りや日本のYOSAKOIソーラン祭りなど、世界各地のFESTAをテーマにしたスーパー・レビュー。祈り、感謝、願いなど、生きる為に大切な想いが詰まったFESTA(祭り)は、とっても楽しくて華やか。

公演データ

会場・日程 東京宝塚劇場(東京都/有楽町)
2017/3/31(金) ~ 2017/4/30(日)
チケット
通常価格
SS席12000円、S席8800円、A席5500円、B席3500円
グループ 宝塚歌劇宙組公演
公式サイト http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ouhinoyakata/index.html
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら