公演TOP ミュージカル『パレード』

ステージ・ミュージカル

ミュージカル『パレード』

石丸幹二ほか豪華キャストが揃う!トニー賞受賞の秀作ミュージカルが待望の日本初上演

1998年にブロードウェイで初演され、翌年にはトニー賞2部門を受賞し話題となった作品。アメリカで実際に起こった冤罪事件をもとにした物語で、愛と感動の人間ドラマが観客の胸を打つ。今回の日本初演キャストには、劇団四季以来17年ぶりの舞台共演となる石丸幹二と堀内敬子をはじめ、武田真治、新納慎也ほか実力派が揃い、期待が高まる。ストーリー、歌、演技とどの角度から見ても、心揺さぶられる一作。鑑賞後の充実感を味わって。

東京体験1dayプランの予約はこちら

編集部の見どころポイント

  1. トニー賞2部門受賞作品が日本初上陸!本場ブロードウェイが認めた秀作に感動

    『パレード』は1999年にトニー賞最優秀作詞作曲賞、最優秀脚本賞を受賞した愛と感動の秀作。ブロードウェイ上演作品の中から最も優秀なものに与えられる“トニー賞”は、わかりやすくいうと映画でいうところの“アカデミー賞”のようなもの。それだけに、今回の日本初演にはご注目を。ミュージカル好きも初めての人も、受賞作品を鑑賞するチャンスを見逃さないで。
  2. 実話をもとに主人公の数奇な人生を描く物語。観客はリアルな人間ドラマの目撃者に

    1913年にアメリカで起こった事件をベースに作られたミュージカル。ある男が無実の罪で白人少女強姦殺人事件の犯人に仕立て上げられる。その裏には人種差別という重いテーマがあり、憎しみや妬みが渦巻く。一方では、夫婦の愛や信念を持つことの大切さも描かれていて、まるでリアルな人間ドラマを見ているよう。実話ゆえの先の読めない展開もおもしろさのひとつ。
  3. 劇団四季以来17年ぶりの舞台共演が話題!息の合った演技で心に迫る夫婦愛を表現

    日本初演とあって、豪華なキャストに注目が集まるところ。中でも主演の石丸幹二、堀内敬子の共演が話題となっている。それもそのはず、2人は劇団四季で『美女と野獣』ほか多くの作品で共演してきた同期。今回、冤罪事件をきっかけに信頼を深めていく夫婦役に。息の合った2人により、どんなふうにフランク夫妻の愛が表現されるのか興味深いところ。

Story

南北戦争終結から半世紀が過ぎた1913年、アメリカ南部のジョージア州アトランタで13歳の白人少女の強姦殺人事件が起こる。容疑者の1人として逮捕されたのは少女が働いていた鉛筆工場の工場長、実直なユダヤ人で北部出身のレオ・フランクだった。事件の早期解決を図りたい州検事は、レオを犯人へと仕立て上げていく。無実の罪で起訴され、有罪判決を下されるフランク。同じユダヤ人でジョージア出身の妻ルシールの支えにより、無実が明らかに。そして釈放を目前にしたある日、事態は思わぬ方向へと導かれていく・・・。

公演データ

会場・日程 東京芸術劇場 プレイハウス(東京都/池袋)
2017/5/18(木) ~ 2017/6/4(日)
チケット
通常価格
S席13000円、サイドシート8500円
キャスト 石丸幹二、堀内敬子、武田真治、新納慎也、安崎求、未来優希、小野田龍之介、坂元健児、藤木孝、石川禅、岡本健一ほか
公式サイト http://hpot.jp/stage/parade
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら