公演TOP 帝国劇場ミュージカル『レ・ミゼラブル』

ステージ・ミュージカル

帝国劇場ミュージカル『レ・ミゼラブル』

ミュージカルの金字塔!『レ・ミゼラブル』の日本初演30周年記念公演がついに開幕

1985年のロンドン初演を皮切りに、今も世界中から熱狂的な支持を受け続けているミュージカル『レ・ミゼラブル』。ヒュー・ジャックマンやラッセル・クロウ主演で映画にもなったこの伝説のミュージカルが、日本初演30周年を迎えるにあたり記念公演を開催! 19世紀初頭のフランス動乱期を舞台に、ジャン・バルジャンが絶望の淵から新しい人生を歩んでいくドラマティックな物語は感動必至。すでにチケットは完売目前なのでお見逃しなく。

東京体験1dayプランの予約はこちら

編集部の見どころポイント

  1. 日本初演から30周年!全世界で興行収入記録をいまだ更新中の大ヒットミュージカル

    『レ・ミゼラブル』が日本の帝国劇場で初演されたのは1987年6月。それ以来何度も再演を繰り返され、東宝演劇史上最多の3006回という驚異的な上演回数(2015年時点)を打ち立てた。世界中での観客総数はなんと6500万人を突破、演劇史を代表するミュージカルの圧倒的なスケールと臨場感をぜひ体感して。
  2. 原作はフランス文学。ヒュー・ジャックマン主演の映画はアカデミー賞など各賞を総なめ!

    『レ・ミゼラブル』の原作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが「無知と貧困」「愛と信念」「誇りと尊厳」などをテーマに描いた大河小説。ミュージカル版をベースにした2012年公開の映画は、米国ゴールデングローブ賞3部門、米国アカデミー賞3部門など多くの賞を受賞し、海外はもちろん日本での興行収入も58.9億円と大成功を記録した。

Story

1815年、ツーロン。19年間投獄されていたジャン・バルジャンは、仮出獄中に教会の銀の食器を盗んで逃げようとする。が、司教に人としてのあり方を諭され、過去を捨てて新しい人生を生きようと決めた。時は流れ1823年。マドレーヌと名を変えたバルジャンは、市長になっていた。彼の経営する工場で働くフォンテーヌは、仕事仲間とのケンカ騒ぎでクビになってしまう。娘コゼットの養育費のため、フォンテーヌは港で体を売るようになったが・・・。

公演データ

会場・日程 帝国劇場(東京都/日比谷)
2017/5/21(日) ~ 2017/7/17(月・祝)
チケット
通常価格
S席:13,500円 A席:9,000円 B席:4,000円
キャスト ジャン・バルジャン
福井晶一、ヤン・ジュンモ、吉原光夫

ジャベール
川口竜也、吉原光夫、岸 祐二

ファンテーヌ
知念里奈、和音美桜、二宮 愛

エポニーヌ
昆 夏美、唯月ふうか、松原凜子

マリウス
海宝直人、内藤大希、田村良太

コゼット
生田絵梨花、清水彩花、小南満佑子

アンジョルラス
上原理生、上山竜治、相葉裕樹

テナルディエ
駒田 一、橋本じゅん、KENTARO

マダム・テナルディエ
森公美子、鈴木ほのか、谷口ゆうな
原作 ヴィクトル・ユゴー
公式サイト http://www.tohostage.com/lesmiserables/index.html
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら