公演TOP 手塚治虫の名作舞台『Amazing Performance W3(ワンダースリー)』

ステージ・エンタメショー

手塚治虫の名作舞台『Amazing Performance W3(ワンダースリー)』

手塚治虫の幻の名作『W3(ワンダースリー)』がノンバーバル・パフォーマンスに!

  • 1
  • 2
  • 3
日本人なら誰もが知る“マンガの神様”手塚治虫。彼の初期の名作『W3(ワンダースリー)』が、新感覚のノンバーバル・パフォーマンスとして登場! セリフは一切なく、ダンスやサーカス芸、マッピングを駆使して物語を紡いでいくので、3分に一度はアメージングな出来事が。キャストはシルク・ドゥ・ソレイユでクラウンを演じたフィリップ・エマールをはじめ一流パフォーマーばかり。国籍や年齢も関係なく楽しめる大迫力のエンターテインメントに圧倒されそう!

東京体験1dayプランの予約はこちら

編集部の見どころポイント

  1. 1

    “人間愛”を描いたSF作品「W3」。手塚治虫初期の傑作が50年の時を経て初リメイク!

    「W3」は手塚治虫初期の代表作といえるSF漫画作品。宇宙人が争いばかりしている地球の罪を問うという骨太で社会的な内容は、発表から50年経った今でも根強いファンを抱えている。今まで一度も舞台や映画にリメイクされたことがなかったが、手塚治虫生誕90周年を翌年に控えた今、ついにノンバーバル・パフォーマンスとして復活!
  2. 2

    ノンバーバルの旗手ウォーリー木下のもと、世界トップレベルのパフォーマーが集結

    構成・演出を務めるウォーリー木下氏は、海外でも高い評価を受けるノンバーバルの第一人者。パフォーマーにはトップバレエダンサーの西島数博、シルク・ドゥ・ソレイユでクラウンを演じたフィリップ・エマール、2.5次元ミュージカルで活躍中の川原一馬など芸術性の高いメンバーが揃う。言葉を超えた新感覚の舞台から目が離せない!
  3. 3

    舞台と客席が近い「DDD青山クロスシアター」だから圧巻のパフォーマンスが目の前に

    公演が行われるのは、表現者のための自由空間として人気の「DDD青山クロスシアター」。約200席のコンパクトな劇場だから、影絵、ダンス、アクロバット、マッピング、サーカス芸など様々な技法を駆使した演出を、どの席からも臨場感たっぷりに楽しめる。渋谷駅にも表参道駅にも徒歩7分前後とアクセス抜群。

Story

銀河連盟に集まった優れた生物たちが、戦争ばかりしている野蛮な星「地球」を、救うか反陽子爆弾で消してしまうかの評決をすることになった。そこで銀河パトロール第4分隊所属のW3の3人が、ウサギ、カモ、馬の姿に変身して「地球人が良い人間かどうか」を調べることになる。3人が到着したのは日本の漫画家星真一のアパートメント。星が描いた漫画のせいで、彼らは想像もしない事件に巻き込まれることになる。

公演データ

会場・日程 DDD青山クロスシアター(東京都/渋谷)
2017/7/1(土) ~ 2017/7/9(日)
7/1(土)【TEAM-A】18:30
7/2(日)【TEAM-B】11:00、14:00、17:00
7/3(月)【TEAM-A】14:00、17:00
7/4(火)【TEAM-B】14:00、17:00
7/5(水)【TEAM-A】14:00、17:00
7/6(木)【TEAM-B】14:00、17:00
7/7(金)【TEAM-A】13:30、18:30、21:30
7/8(土)【TEAM-B】11:00、14:00、17:00
7/9(日)【TEAM-A】11:00、14:00
※公演回毎、A・Bで出演キャストが異なります。
チケット
通常価格
6500円
キャスト ※公演回毎、A・Bで出演キャストが異なります。
【TEAM-A】
西島数博、フィリップ・エマール、川原一馬、椎原夕加里、石井咲、
【TEAM-B】
藍実成、坂口修一、梅澤裕介、松本ユキ子、関口満紀枝

【Understudy】
廣瀬水美
スタッフ 原作:手塚治虫 漫画『W3(ワンダースリー)』
主催:Amazing Performance W3 実行委員会
構成・演出:ウォーリー木下
公式サイト http://www.amazing-p-w3.com/
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら