公演TOP 『DEATHTRAP(デストラップ)』

ステージ・演劇

『DEATHTRAP(デストラップ)』

片岡愛之助がブロードウェイの大ヒット作に主演!スリル満点のサスペンス・コメディ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
アメリカの小説家・劇作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した戯曲『DEATHTRAP』(デストラップ)。本作は、ブロードウェイで初演を迎えてから1800回を超えるロングラン上演を果たし、1982年に日本公開されたマイケル・ケイン主演の映画でも大ヒットを記録。その舞台に挑戦するのが、歌舞伎界の花形・片岡愛之助。翻訳・演出を手掛けるのは、『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一。ラストまでハラハラドキドキが止まらない超一級のサスペンス・コメディが、この夏よみがえる! 

東京体験1dayプランの予約はこちら

公演チケットとレストランがセットでお得に

通常9500円のS席チケット+ランチ

合計1名様11300円(税・サ込) SOLD OUT

編集部の見どころポイント

  1. 5

    片岡愛之助、橋本良亮(A.B.C-Z)、高岡早紀、佐藤仁美、坂田聡など充実のキャストが集結!

    『DEATHTRAP』で落ち目の劇作家、シドニー・ブリュールを演じる片岡愛之助を筆頭に、シドニーの妻マイラに高岡早紀、教え子のクリフォード・アンダーソンにはA.B.C-Zの橋本良亮、さらに佐藤仁美や坂田聡といった実力派俳優陣が登場。充実のキャストが繰り広げる舞台の世界観に、いつの間にかグイグイ引き込まれてしまうはず。
  2. ブロードウェイで初演を迎えてから1800回を超えるロングランの大ヒット舞台

    1978年にブロードウェイで開幕すると大好評を博し、ロングラン上演を果たした名作『DEATHTRAP』。同年にマイケル・ケインの主演で映画化されて以来、舞台版も世界各国で上演され、今もなお時代や国を超えて愛され続けている。どんでん返しにつぐどんでん返しがすごすぎるサスペンス・コメディの傑作は、今回の日本初舞台でも話題になること間違いナシ!
  3. ドラマ、映画、舞台のヒットメーカー、『勇者ヨシヒコ』の福田雄一が翻訳・演出!

    作品の翻訳・演出を担当するのが、数々のドラマや映画、そして舞台を手掛けるごとに大きな注目を浴びるヒットメーカー福田雄一。以前、脚本・演出を手掛けた人気のTVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズでは、愛之助も出演している。ブロードウェイの大ヒット作に福田色のコメディ要素がどうミックスされるのかも見どころ。

Story

ブロードウェイの劇作家シドニー・ブリュールは、かつてミステリー劇を大ヒットさせていたが、今や4作連続の失敗。妻マイラのなぐさめにもすっかり気落ちしていた。そんな彼のもとにクリフォード・アンダーソンという教え子から処女作『デストラップ』という脚本が届いた。その作品の質の高さにシドニーはクリフォードを殺害して作品を奪う決意をする。さらに霊媒師のヘルガ、弁護士のポーターも巻き込まれ、事態は思わぬ方向に・・・。

公演データ

会場・日程 東京芸術劇場 プレイハウス(東京都/池袋)
2017/7/7(金) ~ 2017/7/23(日)
7/7(金)18:30
7/8(土)13:00、18:00
7/9(日)12:00
7/11(火)13:00
7/12(水)13:00
7/13(木)13:00、18:30
7/14(金)18:30
7/15(土)13:00、18:00
7/16(日)12:00、17:00
7/18(火)13:00
7/19(水)13:00
7/20(木)13:00、18:30
7/22(土)13:00、18:00
7/23(日)12:00
チケット
通常価格
S席9500円、A席8000円
キャスト 【シドニー・ブリュール役】片岡愛之助
【クリフォード・アンダーソン役】橋本良亮(A.B.C-Z)
【シドニーの妻 マイラ役】高岡早紀
【謎めいた霊媒師 ヘルガ役】佐藤仁美
【弁護士 ポーター役】坂田 聡
スタッフ 作/アイラ・レヴィン
翻訳・演出/福田雄一
公式サイト http://www.deathtrap.jp/
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら