公演TOP 黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ第31弾『想い出のカルテット~もう一度唄わせて~』

ステージ・演劇

黒柳徹子主演 海外コメディ・シリーズ第31弾『想い出のカルテット~もう一度唄わせて~』

円熟したユーモラスな演技に釘付け!黒柳徹子主演、海外コメディ・シリーズ第31弾開幕

  • 1
  • 2
  • 3
  • 5
今はタレントの印象が強いが、黒柳徹子は文学座やニューヨークのスタジオで学んだ大女優。彼女が1989年にスタートさせ毎年のように公演されている「黒柳徹子海外コメディ・シリーズ」は、年中行事のように通い詰めるファンも多い。今回、好評を博した舞台『想い出のカルテット~もう一度唄わせて~』が待望の再演! 黒柳徹子扮する引退したソプラノ歌手が巻き起こす大騒動に大笑いしてホロリと泣いて、舞台後は元気をもらえること間違いなし。

東京体験1dayプランの予約はこちら

公演チケットとレストランがセットでお得に

六本木ヒルズのイタリアンでプチ贅沢ランチ黒柳徹子主演舞台『想い出のカルテット』を観劇
通常9800円のチケット+レストラン

合計1名様10300円(税・サ込)

編集部の見どころポイント

  1. 1

    “女優”黒柳徹子が観られるのはここだけ。お見逃しなく!

    1989年、銀座セゾン劇場のプロデュース公演としてスタートした「黒柳徹子海外コメディ・シリーズ」。ほぼ毎年新作翻訳劇に挑み続け、中でも『想い出のカルテット』は大好評。熱烈アンコールに応え、再演が決定!
  2. たくさんの笑いと優しい感動に溢れた作品をお届け!

    『想い出のカルテット』の舞台は、引退後の音楽家が集まる高級老人ホーム。栄光の過去から一転、足腰は弱り認知症や孤独など誰もが悩みや不安を抱えている。ソプラノ歌手ジーン(黒柳徹子)が入居することで巻き起こる大騒動は、コミカルで時にほろり。心温まるストーリーは、ダスティン・ホフマンが自らメガホンを取って映画化もされた。

Story

引退した音楽家が集まる老人ホーム。天真爛漫なシシー(茅島成美)、冷静沈着なレジー(団時朗)、お調子者のウィルフ(鶴田忍)はかつてのオペラ仲間。最近シシーには認知症の症状が見え隠れし、一見女好きのウィルフは亡くなった妻を一途に思っている。レジーは淡々と日々を過ごしていたが、昔4人で「リゴレット」を唄った時のプリマドンナ、ジーンが入所してきたことで心が乱れ始める。かつて2人は9時間だけ夫婦で、ジーンは結婚式の夜にレジーを捨てて出て行ったのだ・・・。

公演データ

会場・日程 EXシアター六本木(東京都/六本木)
2017/9/29(金) ~ 2017/10/15(日)
9/29(金)18:30
9/30(土)14:00
10/1(日)14:00
10/2(月)14:00
10/3(火)14:00
10/6(金)14:00
10/8(日)14:00
10/9(月)14:00
10/10(火)14:00
10/13(金)14:00
10/14(土)14:00
10/15(日)14:00
チケット
通常価格
一階席9800円、二階席8500円
キャスト 黒柳徹子、茅島成美、団時朗、鶴田忍
スタッフ 作:ロナルド・ハーウッド
演出:高橋昌也
演出補:前川錬一
公式サイト http://www.parco-play.com/web/program/quartet2017/
この公演は終了しています
今から観たいエンタメ体験はこちら